アトピー肌対策

アトピスマイルはアトピー改善に効果あり?|ライスパワーNo.11の力

アトピー性皮膚炎の原因とは

アトピー バリア機能

お肌は本来、外部の刺激から自らを守る『バリア機能』を備えています。水分の蒸発を防いで潤いを保つのはもちろん、乾燥や外部の刺激から肌を守る働きをしてくれています。

肌のバリア機能とは

お肌の表面のわずか0.02mmの角質層が潤いと外部刺激から、お肌を守る役割を担っています。

肌のバリア機能
  • 様々な外部刺激からお肌を守る役割
  • お肌の水分の蒸発を防ぐ役割

肌のバリア機能が低下してしまうと

しかし、バリア機能が低下し肌が乾燥した状態では、さまざまな外的な物質(ダニ、ほこり、花粉等)が肌に侵入しやすくなってしまいます。

普段であれば何ともない、ちょっとした刺激でも、お肌のバリア機能が低下した状態の肌は過敏に反応しダメージを受けやすくなってしまいます。

肌バリア機能が低下している状態は、アトピー肌だけでなく『乾燥肌』『敏感肌』も同様です。

日頃から使っているスキンケア用品が、乾燥してるときには『しみてしまう』、衣類のちょっとした刺激で肌が赤くなる・・なんて経験はないでしょうか?

それこそが、お肌のバリア機能が低下してしまった状態です。

アトピー肌はバリア機能と外部刺激の悪循環

アトピスマイルクリーム バリア機能

アトピー肌の場合は、かゆみが出て掻いてしまい、更に肌のバリア機能が低下する。そして、またかゆみが出て更に掻いてしまう・・。

『くり返す辛い痒み』

この悪循環により、湿疹や皮膚炎の症状が繰り返し起こってしまうのです。

アトピー性皮膚炎は表皮,なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い,多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる

参照:日本皮膚科学会雑誌第119巻第8号

『バリア機能』を正常に戻すには保湿がカギ!

お肌の潤いを保っている肌のバリア機能。このバリア機能が低下してしまうと、お肌の水分を保つことが出来なくなり水分が逃げていってしまいます。

乾燥肌を起こさない、また外部刺激から肌を守るためには、何より『肌のバリア機能を正常に戻す』ことが何より大事なのです。

そして、バリア機能を正常に戻すためには『保湿』が何より重要なカギとなります。けれども、お肌の表面を一時的に潤わす通常の保湿剤ではお肌の根本的な改善にはならないのです。

一般的な保湿剤

お肌を保湿するクリームは、使用感の違いや配合されている油分でお肌の水分の蒸発を防ぐ効果が変わってくる。

色々な保湿クリームが出ているけれど、どれもさほど違いはないのでは?取り敢えず何かクリームを塗っておかないと。とお肌のケアをしている方が多いかと思います。

一般的な保湿は、お肌の表面を一時的に潤わせますが、肌そのものが改善するといった効果はないんです。

バリア機能を改善するおすすめのクリームとは

ライスパワーNo.11 アトピスマイル

通常の保湿クリームでは、お肌の表面に膜をはり水分の蒸発等を防ぐことが出来ても、根本的に改善することは出来ません。

しかし、日本で唯一肌が本来持つ水分保持能を改善する効果が認められた成分である『ライスパワーNo.11』配合のクリームは、

肌表面の潤いだけでなく自ら水分を保つ肌へ改善することが出来るんです。

ライスパワーNo.11とは

肌が本来持つ水分保持能を改善する効果が厚生労働省から認められた有効成分

そして、このライスパワーNo.11が配合されたクリームが『アトピスマイルクリーム』です。

アトピスマイルクリームとは

アトピスマイルクリーム

アトピスマイルクリームは、ライスパワーNo.11を配合した薬用クリームです。

皮膚水分保持能の改善が唯一認められたライスパワーNo.11を配合し、ステロイドは不使用。赤ちゃんやお顔にも使える優しいクリームで、累計50万本以上も販売されています。

アトピスマイルクリーム|赤ちゃんの保湿ケアはなぜ必要?

肌のバリア機能を高めるバリアケアクリームとしてとても人気があります。

アトピスマイルクリームが3分で分かる動画

テレビでも度々取り上げられ注目の有効成分

アトピスマイルクリーム テレビ
アトピスマイルクリームの『最安値』情報